今|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  コラム  > 今

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029
日本内
TEL080-3229-8929

久々のエッセイとなるわけだが。
何を書こうか考えている内に、一冊の本を手にとる。その中には女性の30才からの考え方というか、ものの見方をその作者の体験をもとに、つまり自分の成功はその時にこうゆう判断をしたからなのよ、みたいなことが書いてある。私にはその人の成功ばかしなので多少退屈ではあったが、つまり女性からみた恋愛論というのには、いつも興味をそそられる。例えば、森ようこの作品がそうであるように、この年齢の女性はなかなか一筋なわではいかず、男が考えているよりもよりたくさんの要素の結果として行動しているのがわかる。もちろん女性だから結婚とかに関して考えていることが多く、やっぱり男性よりも恋愛に対してより深く考えているようだ。期限とかはないにしろ、年齢といるものにすんごく敏感に反応しているように見える。
  その本の中で一番頭に残ったせりふは、「恋愛はものすごいパワーを必要とするし、それにより予想以上のパワーを生み出すこともある。ただ、損得を考えたり、失恋を恐れたり、想いにたいする見返りをきたいするような人にはとうていできない。」と、確かにそうだしつらいが恋愛が創り出す物は大きいと想われる。
   最近東京にての生活を考えてみたりするが、確かにそれでなにか生まれるかもしれないが、それよりもここでの生産するものも大きい。島の裏に住んでいるマークの事を考えても納得いくと思う。何かを生み出すにはきれいな空気・音・人間が必要であるように思われる。
1999.7.7


                     

感想はこちらへ!