どこにでもあるビジネス|パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト

パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト >  コラム  > どこにでもあるビジネス

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-7082
TEL680-345-2515
日本内
TEL080-8376-8943

どこにでもあるビジネス

お金はどこにでも落ちている
 バリの空港に着いたら、おれのタクシーに乗れだの、うちは一泊10$でホットシャワーまでついてるだの、バリニーズの売り込み攻撃が始まる。もちろんそれを聞き流す必要はない。必要な物には耳を傾ければいいし、いらないものにはひたすら無視。強く断ったからといってそれで争うことはめったにない、声をかけるのが彼らの商売のやりかたなんで、それを必要以上にきらうこのもない。案外いい話が落ちていることもある。
 昼間、メインのストリートを歩くと三つ編み、タクシー、両替、ホテル、新聞の売り込みが、10歩進むごとにやってくる。めんどい、しんどい、うさいやつらだが、一生懸命に商売をしている。特にお金を持っているかどうか、女に興味在るかどうか、ドラッグ好きかどうか彼らには一目でわかるみたいだ。もちろんあてずっぽなんだろうが、なかなかこつはこころえている。みなさん年期がはいっているみたいだ。女に声をかけて、適当にバリを案内してやったり、夜のお相手をして、お金を稼ぐジゴロもそこいらで、見かける。なんでもありだ。
 バリニーズ男2人が電気屋でパソコンを買っていた。ディスプレイとハードディスクをそれぞれ肩に抱えた彼らはそれからベモで何時間かかけて、自分らの家に持ち帰えるのだろうか?みんなに披露し終えた後に、接続が終了すれば、すぐに看板をだしてインタネット屋さんの稼ぎ頭になってくれることだろう。
 おれの泊まったロスメンの家族のおばあちゃんは、絵がうまい。というか、バリの特にウブドに住んでいる人たちの30%の人たちは、なんらかの形で絵を日々描いているように見える。そのできた絵はかばんにいれて、観光客たちに売りつけることになる。素人目でみて、なるほどかなりの時間がかかったように思えるが、それほど洗練されてはいない。だが、そんなことはおかまえなしに、自己主張して、「買ってくれ」と声をかけてくる。買うと言っていないのに、10枚買うと負けるよなんてことも行ってくる。
 ロスメンのお世話をしている、低所得雇用者たちは、お客のスケジュールを聞きたがる。その中から自分にできる範囲のお金儲けプランをつくるためだ。実際それらは、車の手配だったり、バイクの手配だったり、お祭りのスケジュールを知るのに非常に便利だ。おかげで、長期でもそのときそのときのバリのおもしろみに触れることができる。で、彼らの小遣いにもなる。 表通りのきれいなアクセサリー屋で、適当に品定めをして、まとめ買いをすることを条件に値段交渉をしているうちに、バリの女を買わないか?という話になってくる。確かに2件横の小汚ないホテルは、いかにもその手に使われていそうな感じだ
 シャトルバスで、目的地まできたのはいいが、山道にゆられて気分が悪く、ホテルまで歩いて10分がしんどい。バス停で休憩していると、いろんなロスメンの紹介を受ける。たまたまひまで、その辺に座っているおやじが「ホテルまで、バイクで送ってわ、10000ルピア」しんどいんんで、その値段でもいいんだけど、言い値ではプライドが許さないんで、半分にさせて、交渉成立。
 どこのお店に行っても、たいがい値札がない。つまりお金の在りそうな人には高い金額。その逆もしかり。定価というものがほとんどない。「いくらなら買いたい?」とよく店員が聞いてくる。つまり仕入れよりも乗せれれば、売りさばくことが大切なのだ。お金を手にすることが、大切なのだ。もっとものことで、これが最初は結構面食らう。
 つまり、早い話、規制というものがほとんどない。だからホテルのフロントの人が、タクシーを個人的にやってようが、ホテルのフロントが旅行パッケージを売ろうが、問題ない。三つ編みをするのに免許もいらなければ、店舗もいらないし、年齢制限もない。なんかお金・お金で、汚く感じるところもあるだろうが、人間らしくていいじゃないか、と思う。なんするにも、許可、組合、面子をきにして、動けないサラリーマンにはなんともうらやましい限りだろう。そう、日本なんかにうずくまってないで、いろんなものを見て、感じて生きてきましょう。


                     

感想はこちらへ!



MAML DIVERS PALAU

Dive shop at Koror and Peleliu island in Palau since 2000 palaudivers488@gmail.com
Phone:+680-488-8029