クマノミの産卵|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  コラム  > クマノミの産卵

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029
日本内
TEL080-3229-8929

クマノミの産卵

4月にはいり、パラオに一番よくいるクマノミの「オレンジ・フィン・アネモネフィッシュ」が産卵を始めております。イソギンチャクの近くの岩場に手の甲ほどの面積に小豆色の小さな卵がたくさんうみつけられています。これは、なぜか一斉におこなわれるようで、同じ種類のクマノミはすべてほとんど産卵していました。別種のハナビラクマノミは産卵をしていません。これからは、しばらくクマノミがせわしく卵に水を送ったりするかわいい光景が見れそうです。それにしても、どうゆうタイミングでみんないっせいに産卵するのだろうか?自然には不思議がいっぱいだねーー。
それから、1週間ほどたつと卵のとったんに目が二つ見えるようになりました。もうすぐハッチ・アウトのようですね。でも、よく見ると食べられてしまったのか、それともすでに産まれたのか、卵がなくなっているところもあります。あ、そうそう、同じクマノミの「ハナビラクマノミ」も同じく、産卵を開始したようです。

もうすぐ生まれるのかなーーと思って毎日見ていたのですが、なかなか産まれそうにもありません。結局2週間ほどから卵の一部がなくなっていました。これって食べられてしまったのか?それとももう産まれたのか?そこまで正確にはわからないが、周りのクマノミもそんな感じだ。そう、間違いなくハッチアウトをはじめた様子。そうなるとあれ、ここも卵がなくなっている、ここもなくなっている。そのハッチアウトの様子を見たかったけど、みれなかったなーー。やっぱり夜が多いのだろうか?次はいつごろだろう?


                     

感想はこちらへ!