裏ココロ|パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト

パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト >  コラム  > 裏ココロ

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-7082
TEL680-345-2515
日本内
TEL080-8376-8943

裏ココロ

ーーーー出発ーーーー
ガイド:今日は天気もいいし、どこに潜りに行こうかな?ちょっとお客さんに一応リクエスト聞いてみよう。
お客A:やっと取れたお休みだ、ガイドさんもよさそうな人だし、でも、ちゃんとダイビングできるかな?もう1年以上も潜ってないかな?
お客B:さてまたパラオに来てしまった。前回は、天気良くなかったけど、今回はよさそうだ。それにしても、前回のショップのガイドはマクロばっかでほんと腹たったわ。
お客C:ポイント?初めてのパラオだしやっぱブルーコーナーだよな。あの雑誌の写真を見てパラオ行きを決めたし。
お客D:前回、マンタ見たかったけどいなかった。マンタ見るまで帰れないぞーー。でもマンタ見たらダイビング続けるのかな?
ガイド:ブルーコーナーとジャーマンのリクエストか。午前中だったら上潮だから今の内にジャーマンに行こうか。でも最近マンタ出てないしなー?
オペレーター:あー天気もいいし、今日もみんなダイバーがもぐっている間は眠くなるだろうな。ブルーコーナーとかなら知っているボートもいっぱい来るだろうし話相手はいるけど。
お客B:え、またジャーマンか。もうあそこはマンタ見たことないし、ペリリューとかシャークシティーとか行きたいんだけどな。ま、のっけからわがまま言うのは大人げないか。見たところほとんどパラオ初って感じだし。
オペレーター:そういえば昨日、エンジンがちょっと調子悪かったよな。どうせ暇だし、ちょっとエンジンチェックしてみっか。
ガイド:あのお客さんはパラオ何回も来てそうだし、なんかちょっと恐そうだな。ちょっと気をつけよう。
ーーーーダイビング中ーーーーー
お客B:それ、マンタなんかいない。ほんとなんで砂地でハゼなんか見なきゃいけないんだよ。ほんとマクロなんて興味ないって。
ガイド:あーー今日も無理かなーー。でももうそろそろ水温も下がってきているしマンタくん来てもいいんだけどな。
お客A:はー、ウエイトが足らなくてガイドさんには迷惑かけたなーー。もっと日本で潜る練習しとくんだった。でもしょうがない、楽しむっきゃない。
オペレーター:あ、あいつはまたダイビングポイントで釣りなんかやっている。ダメだってみんな言っているのに。でも、そんなでもしないとうとうとしてしまうから、その気持は良くわかんだよな。しょーがないか。
お客C:すげーーーサメなんか簡単にみれるんだ。でも噛みついてきたりとかしないんだろうか?でもみんな全然びっくりしてない、これが普通なんだ。
ーーーーダイビング終了ーーーー
ガイド:やっぱり無理だった。なんかみんな浮上してもおとなしいな。やっぱりがっかりしてるんだろう。なんかネタないかな?
お客C:あれ、みんなポーカーフェイスだな。ちょっとおもしろいこと言おっかな。
オペレーター:みんなおとなしいな。マンタは無理か、でも一本目のダイビングだし、まだまだこれから。
お客A:ガイドさん結構かっこいいかも。沈めてくれてありがとう。お礼に話かけてみよう。
お客B:はーー、そういえばいっつものことだけど、ホテル帰ったら一人で食事すんのいやだよな。みんなで食べ行くってのも、なんかめんどくさいし、どっか近くにレストランあったかな?そいいや、一階がスーパーだったからラーメンでも買うか。
ガイド:それにしてもうちのショップってほんと忙しいな。朝から夜まで働きっぱなしだ。せめて夜の接待がなければもっと自分の時間がつくれるのに。でも、みんなそうなんだよな。自分だけさぼるわけにはいかないし、ダイビングの仕事は好きだし。それにしてもOOOの弁当はいつも同じメニューだ。他のレストランにオーダーするように頼もう。
お客B:3本目はまたあの鍾乳洞って言ってたよな。やっぱキャンセルしよ。あんなん何回も行ったってしょうがないわ。ショップの都合で3本目はほんとしょーもないポイントしか潜れないんだから、これって詐欺じゃないか?
お客A:やった話かけてくれた。かなり嬉しいかも、自分ってこんなんで浮かれすぎなのかな。でも旅先だしたのしまなきゃもったいない。
ーーーー帰港ーーーー
オペレーター:あの子けっこうかわいいなー。どこのホテルに泊っているのだろ?どっかドライブにでも行けないかな。せっかく前回の給料でいい車買ったし、最近彼女ともうまくいってないしね。
お客C:パラオってやっぱすごいな。ダイビング初めてよかったよ。最初はなんとなく誘われるままにこんな高い器材かわされて、腹立ったけどこのダイビングは最高だ。明日は、絶対にブルーホールに行きたい。ちょっと明日のポイント聞いてこっかな。
お客A:ガイドさんに食事誘われたけど、これって私とだけなのかな?それともみんなで行くんだろうか?ま、友達がいっしょだから、いや友達がいっしょじゃないほうがいいかも。でもしょーがないか、いっしょに計画立てたんだし、一人で行動するわけにはいかないよね。
お客B:あのガイドは、女の子にしか声かけないつもりやな。ま、そっちのほうがいいけど。今日はけっこう青かったからいい写真とれたかも。でもやっぱ今度はもうちょっとお客さんの少ないショップにしないとダメや、雑誌に宣伝を沢山だしているってことは人気が出るだろうから、避けるべきだった。
ガイド:なんかあのお客さん怒ってそう。なんだろ?ちょっと深く潜ってたのを、注意したから怒っているんだろうか?今日はどこに食べにいこっか。あんまし人のいないとこがいいけど、どっこもダイバーだらけで混んでるよな。それなら台湾系にでも行ってみるか。
お客D:またマンタ見れず。明日に期待。友達にポストカード出そっかな。マンタのがいいかな、うーーん、それはやっぱり実物を見てからじゃないと送れない。とりあえずはバラクーダの群の写真でがまん。
ガイド:そうときたら、さっさと片付けするぞ。社長につかまんないといいけど、最近景気いいから、おごってくれるのはいいけど、現金で欲しいんだよな。
オペレーター:またあのガイド、女の子だけ誘ってやがる。しょせんうちらは裏方だよ。


                     

感想はこちらへ!



MAML DIVERS PALAU

Dive shop at Koror and Peleliu island in Palau since 2000 palaudivers488@gmail.com
Phone:+680-488-8029