漁師が漂流|パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト

パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト >  コラム  > 漁師が漂流

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-7082
TEL680-345-2515
日本内
TEL080-8376-8943

漁師が漂流

先月の後半に、私の友達のフィリピン人漁師が行方不明になりました。小さな小船で漁にでたまま帰って来なく、ペリリュー中が彼の話題でもちきりになりました。
彼とやっと話しができたので、その漂流事故のことについて話を聞けました。
彼は翌日にある家族でお葬式があるので、魚を買いたいとの連絡を受けたので、一人で午前11時ごろから約5mくらいの小船に30馬力ヤマハの船外機で出港しました。天気は良好、風もなし。絶好の釣り日よりです。底釣りやらトローリングやらでクーラーボックスがいっぱいになったので、ペリリューの南の波止場に帰ろうとすると途中でエンジンがストップ。まあ、よくあることなんで、とりあえず釣り糸を片付けて再度エンジンをかけようとするが、5秒も経たない間にストップしてしまい、そんなことをしている間に船は島から遠く潮の流れで運ばれてしまい、アンカーも打てない状態に。
これは重大だと思い周りを見渡すと、別に1艘の7mくらいの船がトローリングをしているのが見え、ティーシャツと船に積んであった竹の棒でレスキューサインを送るが、先方は全く気づかず、でもその当の本人は楽観的に考え、たぶん気づいてはいるが漁が終わったら助けに来てくれるだろうと考えしきりに旗を振る。しかし30分後にその船は港に帰っていってしまう。彼の船には、テントなんてものは付いてなく、直射日光から守るために、船の床にしいてあった2mくらいのベニヤ板の下に体を隠し、暑さをしのいだらしい。しかし、夕方くらいから風上が西に変わり、雨風ともに強くなり海を荒れだしたから大変。これはフィリピン沖に台風7号が発生したからで、全くの急な天候の悪化。彼も慌てて水の確保のためにクーラーボックスの蓋を開けるが、あまりの風の強さに雨は横殴りで貯まらない。とにかく船がひっくり返らないように祈るばかり。
馬場:そのときに何を考えてた?
漁師:家族のこと、特にまだ2歳のフィリピンに住んでいる息子のこと。
馬場:夜は寝た?
漁師:ひょっとしたら漁船か飛行機が来るかもしれないから、周りが気になって全然寝れない。たまに、聞こえていない船のエンジンが幻覚で聞こえて来たりした。
食べ物は:何にも食べてない。釣った魚を食べることもできたが、乾燥してしまって食べる気にならなかった。
水は?:いつも漁に出るときには1ガロンの水を持っていくけど、この日はその半分の量の水しか持っていってなく、少しずつ飲んだが2日でなくなる。しかたなく、雨が降ったときに確保しようとしたが、風がつよくほとんど貯まらなかった。昼間漂流しているときに、海水を飲むことも考えたがやめた。おしっこを飲もうとしたが、あまりにも喉に強烈で飲みこめず。アイスボックスに貯まった少しの雨を飲もうとするが魚の血が混ざっていて、飲んだけどすぐに吐いてしまった。
結局3回の夜が終わり、パラオのローカルセスナ会社の捜索で漂流4日目に発見される。ラジオで場所をコロールの海上パトロールに伝えられ無事救助。でもちょうどその1週間ほど前に、パラオの刑務所からフィリピン人の囚人が脱獄していたのもあり、警察としてはこの漁師が囚人を逃すために船を出したと疑いがあったために、全くの囚人扱いで取り調べを受けて、3日後に自由になる。
漁師:もし俺が囚人をフィリピンに返すために船を出したのなら、なんでパラオにまた戻ってこない!!と警察に訴えたが聞いてくれなかった。船を全部調べられた。
馬場:なんでもっと捜索を早くしてくれなかったのか?
漁師:一人でペリリューに住んでいるから、気づくのが遅れた。さいわいコロール本島にフィリピンに送金するために行く予定をしっていた、友達のフィリピン人が気づいてペリリューレンジャーや有志のパラオ人たちによって船で捜索に出たが見つからず、行方不明3日目になってやっと飛行機による捜索を開始した。
今彼は陽気に笑っているが、かなりしんどかったに違いない。ビール4本ほど空けてかなり酔っ払っているが、そうでなきゃこんな話できないのだろう。


                     

感想はこちらへ!



MAML DIVERS PALAU

Dive shop at Koror and Peleliu island in Palau since 2000 palaudivers488@gmail.com
Phone:+680-488-8029