ブラックフライズ|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  コラム  > ブラックフライズ

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029
日本内
TEL080-3229-8929

ブラックフライズ

ローラーブレード、チーム
「ブラック・フライズ」の歴史
小倉駅の生活から小倉城へと移動した俺たちは、トリックだけでは物足りなくなり、ホッケーをすることにする。とりあえず、子供ばっかじゃ話にならないので、北九州大学所属のサークル「ブラック・フライズ」を結成(今思うとかなりいけてない名前、なんせ黒バエでしょ)

 中道、土井らの能天気で運動神経ばつぐんのメンバーがそろい、アイススケート場の足を運んでホッケーの練習風景を見るも、かなりみんなやる気まんまんになってしまい、速攻近くの駐車場にホッケー用のゴールを手作りで作成。後は、アイスホッケーの人たちの練習を見よう見真似でやり、かなり痛めに楽しめた。メンバーも10人前後になり、子供たちは俺たちのあまりにもまじめな練習についてこなくなり撤退。まじめなサークルとなっていった。場所もいつの間にか、便利のいい大学の敷地内で練習。

そのうちに小倉で一番大きな、スポーツショップがインラインホッケーの大会を開催することを決定。うちらも参加するもなんせ、参加チームは現役のアイスホッケーチームばかり、ばたくそに負けて、みんながっくりやる気なくす。その大会後はあまりみんな盛り上がらず、4-5人でちょこちょことトリック練習。

 そんなこんなで、あっという間にうちら大学3年組みは就職活動。ほとんどみんなばらばらで練習もせずビジネススーツに身をまと自分をアピール。みんなぱっとしない就職先に決まり、見渡すと後輩らは他のサークルに入れ込んでいた。しょうがないっか。自然消滅のインラインホッケーチーム「ブラック・フライズ」、あ、最近後輩が、福岡のローカルテレビに取材されたときの映像をメールで送ってきた。なつかシーー。俺って若い。 

*昔のことなので、あいまいなところがあります。  


                     

感想はこちらへ!