サメの餌付け|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  コラム  > サメの餌付け

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029
日本内
TEL080-3229-8929

サメの餌付け

4p0102-10%20(2)1.jpg

 この数年で台湾からの観光客もしっかりパラオに定着して、来てもらえるようになりました。その分、旅行会社やホテルやレストランなどの競争も一段と激しくなり、いろんないさかいもありました。
 そんな中、今すごく気になるのが、ゲストに喜んでもらえるようにと、台湾人のツアーガイドがガルメアウス島という人気の島のビーチでサメに、餌付けを始めていることです。おかげで??ガルメアウスはもともと小さい魚しかいなかったのですが、コバンザメが次第に増え始め今では30匹以上は、ガルメアウスの島の周りにいついています。この1ヶ月ほどで、ツマグロというサメが急激に増え始め、1週間ほど前に潜ったときには、20匹のツマグロが、台湾のスノーケラーの団体の下で、ぐるぐる回っていました。ガイドが魚を海に落とすと、そのサメが一気に水面に向かって噛み付きにいきます。私たちダイバーはその様子を海底の10mほどで見れるのですが、迫力ですが、いつかスノーケラーに噛み付くのでは?と心配でなりません。
 あと、驚いたのですが、その台湾のツアーガイドさんたちは、このポイントのことを「シャークシティー」と呼んでいて、確かに合っているのですが、つまり人工スノーケリングポイントというわけですね。今は、少なくともうちのゲストには、そのシャークシティーと呼ばれているポイントには、スノーケルしないように伝えています。