カレントフック|パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト

パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト >  ダイビングに関して  > カレントフック

大きな地図で見る

ダイビングに関して

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-7082
TEL680-345-2515
日本内
TEL080-8376-8943

カレントフック

さて、実際にどうやって使うのかというと、、

   1、潜る前は、ロープがだらだらじゃまにならないようにまとめて、BCジャケットのポケットに入れておきます。

   2、流れがでてきて、リーフの上にしばらく立ち止まる場所では、ガイドさんがカレントフックを使うサインをしてきます。

     通常は、岩を持つしぐさだったり、ピースサインでを岩にひっかけるようなゼスチャーです。

   3、ポケットからカレントフックを取り出して、ロープを伸ばします。

    4、岩場でフックをひっかけれそうな場所を探し、、、かつ、見渡しのいい場所がベストです。せっかくしばらく同じ場所にいるわけですから、いっぱい魚の見れそうなドロップオフのキワ沿いだったり、流れの強くあたる場所のほうがいいですよね。また、他のダイバーが近くにいるとシャッター切りたくてもじゃまになって撮れないので、避けてください。 、、、フックをひっかけます。

   5、周りのサンゴを踏まないために、BCDジャケットに多めに空気を入れて、軽く浮くようにします。フックがひっかかっているので、水面に浮上してしまう心配はいりません。ただ、フックがはずれてしまうと浮上してしまうので、はずれてしまったらすぐに、エアを抜いてください。

 

   6、ガイドさんが移動しますのサイン、、、、通常は手のひらで、方向を示すサイン、、が出たらBCDのエアを抜いて、フックをはずして、ロープをまとめて、ポケットに再度しまいます。この作業が結構最初てこずります。つまらないダイビングの最中にでも練習しておきましょう。

 

 

 

>>>>>>>>>>>
 パラオでは必需品ともいえるダイビングアイテム。流れの強いところなどで、岩にフックを引っ掛け、紐をもって水中に浮遊する。サンゴを壊さないし、流れをスカイダイビングのように感じれる体感も味わえる。
 現在、パラオ政府で強制されているわけではないが、サンゴを守るためにも強く推奨されている。各ダイビングショップにレンタルと販売している。   2006年4月21日 投稿


                     

過去の質問や感想です(3)

tag :2010年9月10日 18:38

カレントフック利用は頻度として、毎回使うものなのでしょうか。

  >>いえ毎回はつかいません。ポイントや流れによって必要なときと、そうでないときがありますが、全体の30%のポイントで使用します。

しま :2010年7月22日 15:41

8.ダイビング・ホーン、ホイッスル、指示棒
ダイビング・ホーン、ホイッスル、指示棒は持っていると便利、というか役に立つ時はありますか(多いですか)?
もし購入する場合、気をつける点があれば教えて下さい。

 >>あまり多くはないですが、あるにこしたほうがよいかと思います。

おしろ :2010年7月22日 15:40

4.カレントフック
パラオで潜るにはカレントフックが必要なことは分かりました。
パラオ以外、例えば日本、その他海外でもカレントフックを使って潜る
(カレントを使った方が便利、またはカレントフックを使わないといけない)ポイントは多くありますか?

  >流れがあるポイント、ブルーコーナーやニュードロップオフなどがそうです。パラオの半分くらいがあったほうがいいポイントです。

カレントフックを使う(カレントフックを使った方が便利、または使わないといけない)頻度によって、
パラオで潜る際に必要となるカレントフックをレンタルするか購入するかを考えたいと思います。

  >現地ショップにて、レンタル$2/1日、販売$15です。

感想はこちらへ!



MAML DIVERS PALAU

Dive shop at Koror and Peleliu island in Palau since 2000 palaudivers488@gmail.com
Phone:+680-488-8029