計画断水予定|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  ニュース  > 計画断水予定

大きな地図で見る

ニュース

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029
日本内
海外出張中

計画断水予定

在留邦人の皆様へ                  
平成25年10月15日
                        在パラオ日本国大使館 


計画断水のお知らせ(その2)


1.  概要
 パラオ公共事業会社の14日(月)付発表によると、13日、調査を行った結果、全給水タンクの水かさを増やす必要があるため、断水時間の延長と断水地域を変更したとしています。


なお、通常、断水後は水が濁ることから、断水後の水は1分間程、濁りがなくなるまで放水し、飲料水として用いる場合には最低2分間以上は煮沸するよう注意を呼びかけています。

 
2.断水地域

    ●コロール州とアイライ州全域

3、断水スケジュール
    
    ●10月14日(月)以降:午後9時から翌朝4時まで断水

      計画断水の期間は現在のところ未定。

  

また、12時間以上断水していたり、水漏れ箇所の発見、水の濁りが著しい場合には、【24時間ホットライン電話488-8741】に通報するよう協力を呼びかけています。


      
                               
                                  
                                            以上             


計画停電中 2011年11月16日

 その後、ランチ時間にレストランで、電力会社で修理を担当しているフィリピン人技師がいたので、どうなっているのかたずねてみました。すると、今日ひとつ発電機が、復旧しそうとのことでした。ただ、まだフルパワーではないけど18日までには完全に復活するとのことでした。もちろん発電機1つが回復しても、まだまだ足りないでしょうが、かなり停電時間は少なくなるだとう、、、とのことでした。

 

2011年11月15日

  BTAというパラオの観光業の会議があって、その際にパラオの電力会社の人がゲスト・スピーカーで招かれました。そこで、今後の発電の回復のスケジュールを話してくれました。

 まず、5台あるアイメリーキ州の発電機のうちの1つが、燃料に火がつき、その近くの2台、つまり3台の発電機が使えなくなっているそうです。現在、パレイシアホテルなどの大型消費者が自家発電に切り替えてくれているので、なんとか時間をわけて電力をおぎなえてますが、バベルダオブではまったく電気のない日もあるそうです。マルキョク州にある首都にある予備発電機を使える準備をしているものの、まだ安定供給できていません。

 現在、フィリピン人・シンガポール・ジャイカの日本人技師らによって修復を試みてますが、燃えてしまったパーツのすべてが使い物にならなくなっているため、パーツの取り寄せにかなり時間がかかるようです。

 11月18日に日本から新中古の発電機が届くそうですが、それも届いてから設置、テスト運行に45日が必要なため、早くても年末にやっとこの1台が発電できますが、それでもパラオ全域をカバーするには電力不足だそうです。3台分の発電機が回復するのは3ヶ月後、、、、最大1年はかかるだろうとのことでした。

 また、この事故によりPNCC電話局の主な経営者5人が解雇となり、大臣と大統領が直接指揮をとっているため、修復プロセスが複雑な指揮系統となり、PNCC自体の労働者たちも混乱している状況です。早く新しい経営者で、十分な計画のうえ進めてほしいものです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3日ほど前からパラオは、停電と断水が続いています。復旧まで 2-3ヶ月はかかる見込みです。 断水に関しては、スケジュールが発表されてないので、詳しくはわかりません。

 

11月7日での計画停電のスケジュールです。

1、6AM - 10AM  : メイン通りのスーランゲル・ショッピング・ストアからパラオ高校まで

 

2、10AMから2PM と 6PM - 9PM 

   KBブリッジからコロールまでの地域

 

3、 2PMから6PM : アイライ、マラカルどのコロールのメイン通りより北側地域

 

4、 PM8- AM0 :  コロールのメイン通りより南地域

 

 ただし、しょっちゅうスケジュールは変更されていますので、現地でお確かめください。大きなホテルや、

中規模でも最近はわりと自家発電を用意しているところが多いので観光客には影響は少ないとは思います。

ただ、レストランには発電機がないところが多いので、食事に行く前に現地のスタッフなどに確認することを

お勧めします。

 

 発電機故障の原因ストーリー

 

 パラオの発電は、ディーゼルの発電機でおこなっています。コロールのマラカル地区に1箇所と、バベルダオブ島のアイメリーキ州に大型のが一箇所。今回は、このアイメリ-キの発電機が火事になりました。 朝方、発電所で働いているスタッフが発電機の初期動作をして、スタートさせたまた、会社のボートで勝手に釣りにでかけたそうです。 発電所にもどってきたら、すでに発電機が放火していて、消防車を呼んで消化したものの、すでに発電機は動かないほどのダメージだそうです。予備の発電機を現在、使ってますが、電力が足りないための計画停電です。

 自然災害でないこのような怠慢による事故、、パラオ全住民が困っています。特にパラオは現在、天候がすごくいいので、夜中蒸し暑くなかなか寝付かれない人も多く、夜中も車がよく走っています。そのかわり、レストランやバーはにぎわってますけどね。

 ホテルやレストランを手配するときには、停電のことも考慮してみてください。まだ、まだ続きそうですから。

 

PDNレポーター 馬場高志

 

  

    


                     

過去の質問や感想です(2)

ドリーミー :2011年11月23日 18:07

早速お返事ありがとうございます。

懐中電灯・携帯ライト等、持参いたします!

>>私も毎日携帯がライトがわりです。

以前年末ハワイに滞在したとき、発電所に落雷して
オアフ全島いきなり停電しました。
レンタカーで移動しても信号ついていないし、
なんとか営業していたタイレストランはろうそくの明かりの下
厨房で鍋を振っていました。
ちょっと思い出しちゃいました。

 >>ある意味電気供給のあるレストランやバーなんかはお客さん多くて喜んでるようですが。

パラオの電力供給がはやく戻るといいでね。
でも、年末のパラオ楽しみにしています♪

 >>年末までは難しいかなー。

ドリーミー :2011年11月23日 17:02

そんな大変なことが起こっていたんですか~!!

>>最新の情報で直って12月中でしょうね。

計画停電・・・あまり良い響きではないですね~
      (地震後の計画停電有りましたから)


で、年末にシーパッションホテルの予約をお願いしていたのでがここは自家発電は有りますか?

 >>シーパッションは昼間だけの停電なのでほとんど影響ないかと思います。また、発電機もあります。

滞在にあたって日本から持って行った方がいいものって有りますか?

 >>レストランとかで停電名ことが多いので、電灯とか携帯のライト機能があると助かりますね。

感想はこちらへ!