バディーシステムの推奨と詳細|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  ダイビングに関して  > バディーシステムの推奨と詳細

大きな地図で見る

ダイビングに関して

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029
日本内
海外出張中

バディーシステムの推奨と詳細

マーメルダイバーズさんよりご案内


2000年以来ペリリュー島でダイビングショップをスタートしてはや14年。日本からのダイバーさんに始まり、台湾、韓国、ロシア、ヨーロッパ、アセアナの国々のダイバーさんに幅広く利用していただいております。 また、ダイビングスタイルも国やグループによりかなりの違いがあり、ガイド一人がグループを最初から最後までケアするスタイが合わなくなってきています。

また、エアが長い人と早い人での2チーム、ガイドとアシストで浮上するのも、やはり個人によってかなり差があります。ましては、昨今ではナイトロックス、サイドマウント、テックダイブ、マクロフォトダイバーなどの、様々な潜るスタイルの個別化によりまとまって浮上するのが難しくなってきております。

これらに伴い当社では、バディーシステムと安全フロートの所持を義務としたうえで、バディー単位での浮上を認めております。流れが極端に早い場合や、初心者さんばかりの場合は今まで通りにガイドとアシストで挟んで一緒に浮上をいたしますが、通常はそれを基本といたしません。もちろん今まで通りにガイドと共にエキジットも可能です。

安全フロートには5m以上のロープと重石をつけていただき、安全停止中にフロートを水中に垂直に立たせるように空気を入れてください。それが合図となりボートはダイバーの位置を確認、また浮上するまでは安全のため距離を開けてくれます。

よくご理解と賛同の上、当社でのツアーにご参加お願いいたします。

=============2010-04-13. 安全フロート


非常用とはいいどうやって使うのか、、


  「紐なし、緊急用フロート


     次の紐付きの3以降を、水面での使用方法に切り替えて参照してください。 


  「紐付き、安全停止用フロート


    1、まず、準備ですが、フロートの一番下にロープをつなぐ穴をつくります。ただし、その穴からビニールのフロートがやぶれてしまわないように補強されている場所を探します。その穴に紐(最低でも6m、安全停止が5mのため。また細すぎると絡んだときにほどけないですし、太すぎると荷物になるので注意)を結び、紐の先端には、水中で紐がからまないように小さなオモリをつけておきます。なんでもいいです、、ナット、ダイビングウエイト、小石、釣りのオモリなど、、それから、紐はBCDに入れておくときに邪魔にならないように、フロートに巻いておきます。


    2、ガイドから離れてしまった時に自分たちだけで浮上するときには、安全停止の5mでポケットよりフロートを取り出しましょう。紐をほどくときに、オモリを水中に落とせば自然に紐はのびていきます。それから、フロートに空気を入れます。口で入れるタイプのものは、レギで空気を吸い、はずして、フロートに空気を入れます。大きな穴がある場合には、オクトパスのパージボタンを押してフリーフローさせて空気を入れます。フロートの大きさにもよりますが、2-3秒押せば十分です。


    3、フロートに十分な空気が入ったら、水面に向かってフロートが浮上していきます。注意点は、紐は握っているべきですが、紐の最大の長さより深いとこで空気を入れてしまうと、フロートといっしょに急浮上してしまいます。これはかなり危険な行為ですので、最悪、フロートにひっぱられそうになったら、紐は手放してください。 水面にフロートが垂直に半分以上立ってればOKです。せっかくフロートをあげても、水面で横なっていたらボートからは見えにくいのです。水中で紐を少しひっぱってあげて、立ちあがらせましょう


   4、3分たったらゆっくり水面に浮上。ボートが近くに来てない場合には、そのままフロートを立たせておきます。最悪、ボートがダイバーが浮上したことに気付いてない場合には、フエを吹いたり、ミラーで太陽の光を反射させて運転手に気付かせましょう。


   5、ボートが近くに来たら、ボートに乗る前にフロートを船上に上げます。ただし、紐がそのままだと、他のダイバーやボートに絡んでしまうので、船上に上げる前に紐だけを、まとめておくと後で楽ですよ。


 


>>>>>>>>
これはパラオでは、法律で義務つけられているダイビングアイテム。ドリフトダイビングが多いパラオのダイビングスタイルは、ひょっとすると他のダイバーを見失うことも。そうゆうときには、浮上してこのフロートを脹らましてボート運転手に居場所を知らせるために使う。
ちなみに、ガイドはこれに紐を付けて、安全停止中から船に合図を送るが、ゲストは紐は必要ない。あくまで非常用として所有することになります。   2006年4月21日 投稿


                     

過去の質問や感想です(2)

PDN :2013年2月 1日 10:32

  これ結構難しい作業なので、練習してたほうがいいですよ。

なかか :2010年7月22日 15:59

レーダー探知つきのシグナルフロートをレンタルしたいということですが

扱っていますか?出来れば1名ともレンタルしたいそうです。

>>スタッフに持たせているショップはありますが、レンタル用では聞いたことないですね。

感想はこちらへ!