流行りに流されるな-サイド&ナイトロ|パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト

パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト >  コラム  > 流行りに流されるな-サイド&ナイトロ

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-7082
TEL680-345-2515
日本内
TEL080-8376-8943

流行りに流されるな-サイド&ナイトロ


前のコロール店のあった土地管理者のパラオ人が病気で亡くなってしまい、本当のオーナーである奥さんが前の場所借りないか相談してきてますが、他の人が借りてるのを追い出してなんてとても私にはできないので断りました。やられたらやり返す何てやってたらきりないですからね。

それより最近なかなかダイビング業界も新たなウエットスーツの素材開発や、バブルリングを発射させる道具やら、水中で話せるアイテム、水中持ち運び可能なラジオなど、新たな一歩進んだ商品がたくさん出て来てます。最近はカメラ関係の新作ばっかで飽きが来てたとこなんで、嬉しい限りです。

ただ、その新しいニーズに答えようとする方向性が間違ってるのも沢山ありますよね。2ー3年前からアジアやヨーロッパで盛んになったエンリッチドエア(通称ナイトロックス). 水中ですう酸素の量を増やして減圧をへらせる?ってな触れ込みですが、空気の成分を変えるんですよ。酸素病になりやすくなるので深場にはいけないし、そもそもタンクやコンプレッサーの管理は普通の空気さえ大変な労力と知識がかかるのに、何の検査もテスト機材もない小さな国のリゾート地でそれを徹底管理するのはどう考えてもリスク高すぎだとおもいます。 そもそもどんなリスクがあるのかでさえわかってないし、その高度な空気管理の資格もトレーニングもなくみんなやってるからじゃーーね。


[ナイトロックス吸うと頭がスッキリするんですよ]なんてのを勧める理由にしてるイントラさんも多いですが、吸った窒素がチコっと少ない分眠気が普通のダイブほどないってのは理解できますが、シャキッとするってのは過剰期待の結果でしょう。それどころか、もしかしたら普通のタンクの空気吸ってて気分わるくなってたのかもしれません。だとしたらから、それは普通の空気のエアがコンプレッサーでオイル汚染されてるってことです。ナイトックスなんかやってるから場合じゃなくコンプレッサーをきちんと保守しようよ、まずさー。

次にでてきてるのが、サイドマウントでのダイブ。タンクを横に一本ずつしょうんです。もともとケーブダイブでタンクがケーブに引っかからないように考えられたスタイルで、テックダイバーなんかが好きなスタイルです。で、そんで2本も吸うのかっていうとそりゃ減圧症があるので、今までと同じ時間しか基本潜れないので2本分も吸うことはありません。意味ねー。ま、ファッションのトレンドみたいなもんでしょ。あくまで一部の狭いケーブダイブ好きな人用ですよね。しかもボートのエントリーとエキジットに時間かかり流れのあるとこでは無理。


それを自分とこのショップが開発したかのように歌って広告してみたり、以前から経験豊富なガイドがこっそりガイドしてたポイントをいかにも独自ポイントのように言ってみたりとほんとやりたい放題ですね。サムソン批判のアップルの気持ちよく解るなー。


そうゆう新し物マネで釣られる人もいれば、新しいもののせいで亡くなって行く人たちもいます。全く関係ないですが、無料オンラインゲーム、月額ネット、月額G3 ,無料SNS、無料オンライン動画、激安オンライン音楽どころか無料音楽ダウン、エアチケットの手数料、携帯販売の奨励金などで仕事亡くなった人たちは今までの常識ががらっと変わってしまい変化に対応できなかった人達はゼロのスタート。私も脳が硬直してしまわぬように、もっといろんなものに興味もたなくては!!

=============2014-01-26 ウソを笑顔で言える人たち

いきなりコロールのお店を追い出されて他の場所に移り4ヶ月、小さい場所ながらもどうにかオペレーションはできてます。ただ、日々30人から最大70人ものゲストを抱えて場所が足らずにお客様に快適にしていただけないとこも度々。申し訳なく思っております。

そんなのを尻目にのほほんと他を追い出してレストランに改装してる人たちがいる。同じ日本人で会えば挨拶もする人。この同じ人が3ー4年前はペリリューには「ダイビングショップ出さないけど、中数日泊まりたい人がいるから視察している」とか適当なこといって、現地の必要な情報だけ聞いてそんなウソついたのなんか忘れてるんでしょうね。みんなすごく根に持ってますよ。数ヶ月前に今度はパラオで会ったときは、「右となりの二階をレストランとして借りる予定だ」とか言ってちゃっかりの他のテナントを追い出す準備してるんですもんね。凄いですよ。お金しか見えてないんでしょうね、ニンニク焼くのか、マンタを焼くのか知らないですが、ナポレオンフィッシュを焼くのは違法で捕まりますよ。

image.jpg

===============台風の本当の被害2013-05-18


台風の被害の修理にかかった費用は200万円ほど、借主であるマーメルダイバーズとしては費用負担するくらいなら、他の場所に移転すると強気に交渉して払わずにすんだのですが、4月になりいきなり新しい日本人の借りてがいるので5月末で出るように強制退去通知の手紙がショップに届きました。
新しい借りてにかなり相場よりふっかけて賃貸契約したようです。新しいショップさんは強気なのは当然でしょうから、前払いでごり押ししたんでしょうね。そのため次のショップの場所を探すはめに。どうにかホテル内のいい立地のショップを確保できそうですが、この件のためにスタッフもオーナー私もかなりの時間をついやしました。迷惑きまわりないですね。どうせ、お金と時間かけて改装して立派になったら同じように追い出されるの見えてますがね。今までがそうでしたから。。。


================================================

 2013-01-26 台風はパラオで2日ほど豪雨をもたらしましたが、実家の福岡で家の屋根が吹っ飛んだ経験のある私にとって、対して強い風ではありませんでした。

 ただ、姉妹店のマーメルダイバーズのコロール店の屋根が吹き飛び、オフィスが水浸しになっているのをみたときは、びっくりしましたが、荷物をみんなで運び出して必死でした。特に書類や本がダメになってしまいましたねー。

 やっと1ヶ月ほどの時間をかけて大工さんに修理してもらい、ほぼ建て直しました。まだ時間なくて細かいところはできてませんが、真っ白のオフィスに生まれ変わりました。うちだけでなく、コロールでは家数件の屋根が飛んでましたし、とくにバベルダオブ島の東側の集落は、海水が流れ込み集落ごと流されたそうです。現在、国の援助で生活必要品が配られて家の修理も進んでいるそうです。

 ペリリュー島は、電話会社や電力会社がコロールの修復を優先したために時間かかりましたが、台風2週間後にはすべての公共サービスも復活しました。今は台風の跡形は海の中ですね。東側の浅瀬のリーフのサンゴはぶっとばされてしまっています。つるつるのリーフで、ちと寂しくなりましたねー。

================================

2012年11月27日

今朝(11月27日)ポナペの南西の北緯4度東経156度で台風24号が発生しました。この海域で発生した台風は強い勢力になってパラオやヤップに接近する可能性があります。まだ予想進路がはっきりしていないので、どの程度の被害が予想されるか不明ですが、パラオには、12月2日頃最も近づく予想です。この台風の進路には特に警戒してください。また早めの台風対策をお勧めします。

台風進路予想

http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/warnings/wp2612.gif

 

 


2004年6月16日 「台風の影響」---------


現在台風がパラオの東で発生し、強い西風をうけて、ほとんどのダイビングスポットに潜れない状況です。すでに数ヶ月前から楽しみにしていたダイバーの方々はがっかり、もちろんガイドもがっかりです。それでもどうにか楽しんでもらおうと、ショップもスタッフもできる限りのことをしてあげようと、いつもよりさらにサービスすることになります。でも、たまにこうゆうときに「俺らはブルーコーナーを潜りに来たんだ!!」とヘソ曲げてしまうダイバーもいます。本人も天候のせいでしょうがないとわかってはいるものの、何かに当らないではいられないのでしょう。そうなるとそのはけ口はダイブガイドだったりします。お互いにとってよくないことですが、よくあることです。
ついには返金しろ!だの、今すぐ帰るから手続きしろ!だのってこともあります。ほんと困った者です。飛行機は格安だから変更効きませんし、ダイビングに関しても払い戻しができないようになってます。これってかなり難しい問題ですが、どうしようもありません。結局、わだかまりの残るなか港内で潜ったりするしかないのです。無理してボートを転覆して命を危険にさらすなんてことは誰もしたくないですから。さて、みなさんは思われます?


                     

過去の質問や感想です(1)

pdn :2013年6月 3日 22:14

でも、噂とはちがうかなり知ってる人の名前が次の借主として、名前が上がってきました。結局人の付き合いってそんなもんですよね。

感想はこちらへ!



MAML DIVERS PALAU

Dive shop at Koror and Peleliu island in Palau since 2000 palaudivers488@gmail.com
Phone:+680-488-8029