ネコ・マリン|パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト

パラオダイバーズネット|1997年から運営してるパラオの口コミとホテル予約サイト >  ダイビングショップ  > ネコ・マリン

ネコ・マリン

<p>パラオイチの大型施設を持つようになったのは、2003年ごろでしょうか? それまでは小さなトタンの屋根と木材の田舎の駄菓子屋のようなダイビングショップだったのですが、ソニーの御曹司の森田氏がパラオでの事業を進め出したバブル崩壊前の1997年ごろからですね。いろんな地権者の絡むコロール内での大型ホテルの建設計画に森田氏が選んだパートナーの元大統領でビジネスマン実力者のエピオン氏。 エピソン氏の会社のネコグループは、土地の確保に3年を費し計画が現実に。でもその時には日本も含めた経済界は急降下で、土地買収は出来たものの実際の投資家の森田氏はホテル建設を断念。土地買収の契約に違反した森田氏はその違約金を数億支払ったとのこと。</p>

 <p>その後ネコグループは違約金で買収した土地をツアー会社の運営拠点として開発して、1年という短期間でショップを建てる。特に海に突き出した浮き橋はパラオ最大で、レベルも国際レベルで群を抜いてます。パラオで最大の施設を確保したネコグループは、息子の代に経営が引き継がれ、その代表の結婚相手のダイビング大好きのアメリカン人女性のマンディによって更に講習に使うプールや販売店舗施設が充実しました。</p>

 <p>お金に限りないこの財閥のダイビングショップは、元々のプロパンガス輸入販売、ガソリン輸入販売、ヤマハのエンジン代理店、ガソリンスタンド経営、アメリカ系列のスーパーマーケット、アンガス ステーキハウス、レンタカー、ミネラルウォーター製造販売、会社名義貸し業務などを踏まえて一代財閥となってます。</p>

現在は韓国のハナツアーから引っ張るツアー客、施設の充実度で惹きつける値引きのないハイエンド層への集客や関連会社へのレンタルボートや乗っ取り所有のレンタルバスで大きな収益を上げております。いわゆる既得権というやつです。

とにかく施設重視という方にココがベストな選択だと思います。


======2010-03-11<br/>

TEL:(680)488-1755 FAX:(680)488-5245
日本の連絡先 東京オフィス TEL:03-3265-3421
PR:マラカル島にあるパラオでも最大級の施設と港を持つショップ。ゲストはインターナショナルで、ガイドもいろいろ。パラオの財閥系NECOグループ。

ツアーは関係ないけどショップの施設の映像が


                     

感想はこちらへ!