パラオで商売|パラオダイバーズネット

パラオダイバーズネット >  コラム  > パラオで商売

大きな地図で見る

コラム

カテゴリー&サイト内検索気になるワードはここからチェック!


マーメルダイバーズ
    
連絡先:マーメルダイバーズ
palaudivers488@gmail.com
ライン:tatamix76
WeChat:tatamix88
パラオ内
TEL680-488-8029

パラオで商売

 

================2007-04-14

南の島でのんびり暮らせたらなーー。誰もがよく口にするこの言葉どおりに、南の島で商売をしようとする人は多い。パラオでダイビングショップを7年もやっていると、いろいろ相談されることも多い。
 確かに、日本やアメリカに比べるといろんな面のサービスが劣っているので、それをやれば流行るはずと思うらしい。しかし、現状人口が少ないパラオや他のミクロネシアでは、ローカル向けの薄利多売の商売は、多売ができないので続かない。変わったアイデアは、単なる変わった人だで商売にならない。そもそも、そんなに買い物をする人種ではない。お金もそんなにない。パラオに住んでいる外国人はさらに少ないので、そんな数百人をマーケットにしてもしれている。
 というわけでかなり難しいです。お給料は安くても、雇われが一番楽で、勉強になると思います。


                     

過去の質問や感想です(1)

teejayflex :2013年3月29日 04:49

なるほど。参考になります。ちなみに安い給料っていくらぐらいなんすか?パラオ人と同じ500~1000ドル位ですか?>> そうですね。そのくらいです。ちなみにパラオはいい人材を捕まえるの相当難しいです。大概どこの会社も最初は名義人の親類関係ばかり雇って痛いめに合って、3年目くらいにはフィリピン人やバングラデシュに入れ替わってます。

感想はこちらへ!